チンゲン菜
チンゲン菜
チンゲン菜

分類 葉物

特徴
アブラナ科の野菜。中国野菜の中でも身近な野菜のひとつです。和名はタイサイ(体菜)。白軸のものはパクチョイ(白菜)の別称もあります。
原産地は地中海沿岸のトルコからバルカン半島の高原で、日本には1970年代の日中国交回復の頃に入ってきたと言われます。
結球しない白菜の仲間で、葉は緑色、肉厚な軸の部分は淡緑色をしており、クセのない淡白な味で、やわらかく歯切れが良いです。アクが無く、煮崩れないため、炒め物のほかに、スープや煮込み料理によく用いられます。
主な栄養素はビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維です。

保存方法
新聞紙に筒状に包んで通気をよくして、冷蔵庫の野菜室に出来れば立てて保存。

 


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ