たけのこ
たけのこ
たけのこ

分類 山菜・ハーブ

特徴
たけのこは竹の地下茎の節から出る若芽のことで、地表に先端が少し現れたところを掘り出します。生のたけのこを味わえるのは一年でほんのひととき。鮮度が命ですので、なるべく早く下ごしらえをしてください。

保存方法
届いたらすぐに下茹でをしてください。茹でたものは密封容器にいれて水につけて毎日水を取り替えれば、2,3日は保存可能です。

下ごしらえ方法
1. 水洗いして泥を落とし、根元のブツブツを削りとり、外側の皮2~3枚をむく。
2. 皮ごと先端1/4程度を斜めに切り落とし、先の方は深く、根の方は浅く、中央に1本包丁目を入れる。

3. 大きめの鍋にたっぷりの水をはり、たけのこと米ぬか(または米のとぎ汁)、赤唐辛子2本を入れる。
(たけのこが大きくて鍋に入らない場合は、半分に切ってもかまいません。)

4. 落とし蓋(ふた)をして中火で1~2時間、根元に竹串がすっと通るようになったら、火を止めて、ゆで汁につけたまま蒸らしながら完全に冷まします。
5.切り口に指を入れて一気にざくっと皮をむき、よく水洗いしたら、新しく用意した水につけて半日ほどおいたらできあがり。
(水につけておくと、すき間に入り込んだぬかも取り出しやすくなります。)


食べ方のヒント
先端のやわらかい部分は、吸い物や和え物に。真ん中と根元に近い部分は、煮物やたけのこご飯に。
白い小さな粒が出ることがありますが、たけのこにもともと含まれるアミノ酸の一種が固まったものです。

Q.01たけのこをゆでたら節と節の間から白い粒のようなものが出てきた。これは何ですか?

A.01
こちらはたけのこ自身のもつ「チロシン」というアミノ酸の一種でございます。体に害のあるものではございませんので、どうぞ安心してお召し上がりください。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ