聖護院大根(しょうごいんだいこん)
聖護院大根(しょうごいんだいこん)
聖護院大根(しょうごいんだいこん)

分類 根菜  いと愛づらし野菜

京都府聖護院京都府聖護院

30点/100点30点/100点

特徴
聖護院大根は、京野菜の代表格。大型の丸大根です。
江戸時代の終わりに尾張の国から京都府左京区聖護院の東、黒谷にある金戒光明寺に奉納された宮重大根という大根が、当時その地域で栽培されていた大根に比べて長くて大きかったことから、聖護院に住む篤農家がもらい受け、採種したことが誕生のきっかけです。
はじめは長かった大根ですが、中でも短いものを種採り用に選び続けるうちに、だんだん丸い形をした品種に育成されていきました。
聖護院大根の特長は、肉質がきめこまやかでやわらかいのに煮崩れしにくいこと。その上、とろけるような口当たりで、煮物には最適です。辛味も少なくほんのりと上品な甘味があります。

保存方法
葉を切り落とし、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に。

食べ方のヒント
煮物がおすすめです。その他、普通の大根同様にお使いいただけます。



野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ