さつまいも
さつまいも
さつまいも

分類 根菜

特徴
その甘みと食物繊維の豊富さはイモ類のなかでもナンバーワン。おやつだけでなく主菜としてももっともっと食べたい野菜です。味付は甘みを生かすのがコツ。

保存方法
さつまいもは寒さに弱く低温障害を受けやすいため、冷蔵庫には入れずに、新聞紙などに包んで風通しのいい場所で保存。

Q.01さつまいもを料理(ふかす、揚げるなど)したら、緑色/紫色に変色しました。食べられますか?

A.01
お召し上がりいただけます。これは、さつまいもがもともと持っている色素が、加熱によって変色したためです。ご安心ください。

Q.02さつまいもをレンジで加熱したら、とてもまずかった。

A.02
さつまいもには、βアミラーゼという酵素が多く含まれていて、加熱の初期段階ででんぷんを糖化する働きをもっており、温度上昇がゆるやかな方が糖が生成されて、甘味が増します。電子レンジで加熱すると温度が急激に上昇するため、十分に糖化する前に酵素が働かなくなってしまうため、あまり甘くなりません。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ