相模半白きゅうり
相模半白きゅうり
相模半白きゅうり

分類 果菜  いと愛づらし野菜

神奈川県神奈川県

50点/100点50点/100点

特徴
昭和2年に神奈川県農業試験場で開発されたきゅうりです。寒い時期でも育ちやすかったことが当時としては画期的で広く栽培されました。
魅力は、なんといってもその姿です。たっぷりと丸みを帯びた形に加え、皮の色が半分は濃い緑色、あと半分は薄い緑色をした美しいきゅうり。まさに自然がつくり出した芸術品です。
現在主流の品種に比べると、皮が薄く果肉が硬いのが特長で、漬け物に向いています。

保存方法
水気をふき取り、ポリ袋に入れ野菜室に立てて保存。低温障害を受けるので冷やしすぎは禁物。

食べ方のヒント
浅漬けや糠漬けがおすすめです。その他、サラダ、炒め物にもお使いいただけます。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ