キャベツ
キャベツ
キャベツ

分類 葉物

特徴
外側の葉ほどカロテン、ビタミンCが多く、抗胃潰瘍物質といわれるビタミンUも多く含みます。

保存方法
丸ごとの場合は、芯をくりぬき、そこに濡らしたペーパータオルなどをつめて袋に入れ、
カットしたものは、切り口をしっかりラップで包み冷蔵庫で保存します。

下ごしらえ方法
使いはじめは水分を保つために二つに切らず、外側から葉を一枚ずつはがして使うと鮮度が保てます。


千切りが苦手な人は縦半分に切り、ピーラーで上から下に削ると、幅がそろったきれいな千切りができます。

食べ方のヒント
●たっぷり食べるには・・・
キャベツを半分に切って、そのままデミグラスソースやクリームシチューの素などといっしょにコトコト煮込んでください。
大皿に豪快に盛り付ければ、材料はキャベツだけでも、ちょっとしたごちそう風に!
卓上で少しずつ切り分けてお召し上がりください。

Q.01キャベツの葉に灰色の粉のようなものが付着しているのですが、何ですか?

A.01
こちらは、キャベツが自らを保護するために分泌する「ロウ状物質」と呼ばれるものです。
体に害があるものではありませんので、安心してお召し上がりください。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ