もち菜
もち菜
もち菜

分類 葉物  いと愛づらし野菜

岐阜県岐阜県

30点/100点30点/100点

特徴
もち菜は明治時代より尾張地方で栽培されている伝統野菜です。別名正月菜とも呼ばれ、尾張の正月の雑煮には欠かせない野菜として親しまれています。
 小松菜に似ていますが、小松菜よりも葉の色が淡くやわらかいのが特長です。
 しかし、もち菜は茎が細くて作業中に折れてしまうこと、葉がすぐに黄色くなり見栄えが悪くなることなどの欠点があり、農家からも市場からも敬遠されていました。

保存方法
水で湿らせた新聞紙に包んでから袋に入れて、立てて野菜室で保存。黄変しやすいため、茹でてから冷凍保存もおすすめです。

食べ方のヒント
あたたかいお浸しがおすすめです。
その他、小松菜同様に和え物、炒め物、汁の実などの調理法でお召し上がりいただけます。



野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ