かき菜(宮内菜)
かき菜(宮内菜)
かき菜(宮内菜)

分類 葉物  いと愛づらし野菜

群馬県群馬県

50点/100点50点/100点

特徴
宮内菜とは、かき菜の中でも食味が良いことで知られている品種です。
 昭和30年代に群馬の宮内偵一さんが育成を始め、昭和47年に命名し発表しました。かき菜の中でも優良なものを選抜して特性を固定させたのが、宮内さんです。
「かき菜」とは、「菜花」「茎立ち菜」「折り菜」のことを指します。春先にトウ立ちしてきた芯を手で欠いて摘み採ることからその名が付いたといわれます。甘味のある食味の良い葉菜で、昔から青菜が少ない端境期の貴重な食材として重宝されてきました。
 ビタミンCやカルシウムなどが多く含まれ、端境期の栄養源としても貢献してくれる野菜です。

保存方法
水で湿らせた新聞紙に包んでから袋に入れて、立てて野菜室で保存。黄変しやすいため、茹でてから冷凍保存もおすすめです。

食べ方のヒント
さっと茹でて、おひたし、ごま和え。生のまま豚肉などと炒めて醤油、酒、みりんで調味したものもおすすめです。



野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ