桜島大根
桜島大根
桜島大根

分類 根菜  いと愛づらし野菜

鹿児島県鹿児島県

80点/100点80点/100点

特徴
桜島大根は、鹿児島県桜島に伝わる大きな大根です。地元では「しまでこん」と呼ばれています。
 普段見慣れている青首大根は重さ1キロ程度ですが、桜島大根は6~8キロ。大きなものでは、重さ30キロ、胴回りは1.5メートルにもなります(種も青首大根より大きめです)。
 ギネスブックにも「世界一大きな大根」として認定された、日本が世界に誇る自慢の大根です。
 桜島大根の特長は、大きさだけではありません。かぶと間違えてしまう程の緻密な肉質と苦味のない甘さは他の大根にはありません。

保存方法
葉付きのものは、葉をすぐに切り離して新聞紙に包んで冷蔵庫へ。葉はしおれやすいので、早めに下処理を。

食べ方のヒント
食べ方は、煮物、漬け物、サラダ、大根おろしなど、何にでもお使いいただけますが、生産者の一番のおすすめは、おでんです。
コトコトとじっくり煮込んで味を染み込ませた桜島大根は絶品。どうぞお試しください。

・皮は厚くむいてきんぴらに
・1/3をサラダに
・残りはおでんに



野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ