カリフラワーロマネスコ
カリフラワーロマネスコ
カリフラワーロマネスコ

分類 果菜  いと愛づらし野菜

奈良県、長崎県奈良県、長崎県

30点/100点30点/100点

特徴
カリフラワーの1種です。中央の花蕾(からい=花のように見える部分)は薄緑色で、とがった塊がいくつもあります。
 カリフラワーロマネスコは、ビタミン類が豊富で、特にビタミンCは多く含まれます。また、鉄分や食物繊維も多く栄養豊富な野菜です。
 味は、おなじみの白いカリフラワーともブロッコリーとも違う、ちょうど二つを足して2で割ったようです。  

保存方法
保存する場合は、袋に入れて立てて冷蔵庫へ。

下ごしらえ方法
下茹でしてお召し上がりください。
下茹でのポイントは、ゆであがったら水にはさらさず(水っぽくなってしまいます)に、ザルに広げて冷ましてください。

食べ方のヒント
下茹でして、そのまま食べても良いですし、グラタンやシチュー、カレーに加えたり、揚げ物やピクルスにしてもおいしいです。どうぞお試しください。

Q.01ブロッコリーとカリフラワーの違いって何?

A.01
どちらもキャベツと同じアブラナ科の野菜です。
キャベツの花蕾(からい)が肥大したものがブロッコリーとなり、ブロッコリーが突然変異したのち、品種改良されて出来たのがカリフラワーと言われています。
日本では、カリフラワーの方が少し早く普及したようですが、最近では、栄養の点からもブロッコリーが注目されています。ただし、茹でてしまうとお湯の中に溶け出してしまう栄養分も多いため、蒸したり、炒めたりと調理方法も工夫してみてください。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ