ウーハン(里芋)
ウーハン(里芋)
ウーハン(里芋)

分類 根菜  いと愛づらし野菜

奈良県 他奈良県 他

80点/100点80点/100点

特徴
ウーハン(里芋)は奈良県の伝統野菜です。昭和の初めに台湾から導入されました。
かつて奈良では、ウーハンを奨励品種としていたため、山間部を中心に栽培されていましたが、今ではごく一部でしか栽培されておらず、幻の品種となりつつあります。
芋の形は卵のような楕円形で、ヤマトイモを連想させるような強い粘りがあるのが特長です。これほど粘る里芋は他にはないでしょう。

食べ方のヒント
ウーハンは芋が小さいので、「きぬかつぎ」にするのが手軽で、粘りも楽しめるのでおすすめです。
その他、煮物など、里芋同様の調理法でお召し上がりいただけます。

■きぬかつぎの作り方
1.皮についた土をタワシなどでよく洗い落とし、皮ごとゆでます。
2.中まで火が通ったらザルにあげ、さまします。
3.手で皮をぷるんとむきながら、塩や酢味噌をつけていただきます。



野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ