岩槻ねぎ
岩槻ねぎ
岩槻ねぎ

分類 山菜・ハーブ

特徴
岩槻ねぎは埼玉県南埼玉郡慈恩寺大字小溝(現在の岩槻市)が原産の葉ねぎです。
昔は利根川を利用して江戸まで運ばれており、その品質の良さは江戸時代の書物『成形図説』などにも記述されています。
また、「たらちね」という夫婦の会話が面白く描かれた古典落語の中で、八百屋さんが葱をかついで「ねぎやねぎ、岩槻ねぎ・・。えー、ねぎやねぎ」と売り声をあげる場面で名前が登場することからも評価が高かったことがうかがえます。
岩槻ねぎは、九条ねぎのように白い部分も緑色の葉も食べられる種類のねぎです。

食べ方のヒント
緑色の葉も使った「かき揚げ」がおすすめです。
その他、お肉との炒め物、味噌汁の実などにお使いいただけます。



野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ