かぶ
かぶ
かぶ

分類 根菜

特徴
赤かぶは東日本に、白かぶは西日本に多いといわれます。
かぶの旬は11~3月。春の七草のひとつで「スズナ」とも呼ばれます。
聖護院大丸かぶ、金町小かぶなど、さまざまな種類があります。
かぶの根には、ビタミン類のほかに、消化酵素アミラーゼが含まれています。
葉のほうには、カロテン、ビタミンCがたっぷりなので、捨てずに使いましょう。
やわらかく、アクがないので、さっと炒めたり、サラダにしてもおいしいです。

保存方法
買ったらすぐに葉を切り落とし、別々に保存します。
葉がついたままだと、根の水分を葉が吸い上げてしまい、かぶのうまみがなくなったり、すができることがあります。
根はラップをして冷蔵庫へ。葉は茹でて、冷蔵か冷凍庫へ入れてください。


 


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ