紅玉(りんご)
紅玉(りんご)
紅玉(りんご)

分類 りんご

特徴
リンゴの原型とも言われる品種で別名「ジョナサン」。「国光」とともに米国より導入されました。果肉はきめこまかく、甘過ぎず、酸味が強いのが特徴です。甘いものはちょっと苦手という人達に根強い人気があります。

保存方法
ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で。

食べ方のヒント
生食用としてだけではなく料理用、特にアップルパイに最適です。

Q.01りんごの表面がワックスでも塗ったようにベタベタでした。ワックスか農薬ではないですか?食べても大丈夫?

A.01
お召し上がりください。
りんごは、完熟したとき内側から分泌される物質により「油あがり」といわれる現象が発生します。特に「つがる」「ジョナゴールド」「紅玉」は分泌される量が多いためか、ベタベタした感じです。いわば「食べ頃のサイン」ですので、お早めにお召し上がりください。

Q.02りんごの「蜜」ってなんなのでしょうか。

A.02
ソルビトールという糖分が果実内に集積し、これが周囲の組織から水を集めることによって、その部分が水浸し状にみえるようになるためであると考えられています。
したがって、蜜の入っているりんご全体はおいしいですが、この部分が特に甘い、ということは無いようです。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ