八つ頭
八つ頭
八つ頭

分類 根菜

特徴
親芋と子芋が分球せずにかたまり状になっており、八つの頭に見えることから、その名が付けられました。
「八つ頭を食べれば、世間の頭になる」といわれ、また「八」は末広がりの意味もあって、縁起物としておせち料理に良く使われます。
関西では、煮物だけでなく、雑煮に入れることが多いです。でんぷん含有量が多く、里芋の仲間では味の良い高級品種です。

保存方法
寒さと乾燥がとても苦手です。土をつけたままダンボール箱や大きめの封筒などに入れて室温で保存してください。くれぐれも水などに濡らさないようご注意ください。

下ごしらえ方法
皮をむき、適当な大きさに切り、面取りをしてたっぷりの沸騰したお湯で3~4分かために下ゆでします。

食べ方のヒント
下ゆでした後、だし、みりん、砂糖、薄口しょうゆで煮含め、竹ぐしが通ればOK。しばらく置いて味を含ませます。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ