にんじん
にんじん
にんじん

分類 根菜

特徴
東洋系ニンジン・西洋系ニンジンがあり、一般に食べられているのは主に西洋種です。
東洋種の赤はトマトと同じリコピン、西洋種の赤はカロテンです。
中国で改良された東洋系のニンジンは、16世紀に日本に伝えられ、全国各地で作られるようになりました。
赤色の金時ニンジンを筆頭に、甘味が強くてニンジン特有の臭みが少なく、 煮ても形が崩れにくいので
和風の料理に重宝されます。なかでも京料理では比較的多く用いられることから、
金時ニンジンは「京人参」とも呼ばれ、京野菜のひとつに数えられています。

西洋系ニンジンは、オランダやフランスで改良がすすみ、江戸時代末期に日本に伝来しました。
五寸ニンジンが一般的な品種で、ちょうど五寸(15cm~20cm)ぐらいの長さで、
金時ニンジンなどと比べて太めなのが特長です。
カロチンのニンジン臭が強かったが、品種改良により最近では臭いも薄くなりました。

保存方法
泥つきのほうが風味は良いですが、泥が濡れていると傷みやすくなります。
また、傷があっても泥で覆われていると分かりにくく、場合によってはそこから傷みが広がってしまうこともあります。
洗って乾燥させた後、ラップに包んだり、袋に入れて冷蔵庫で保管するのがおすすめです。
立てて保存すると、より人参に負担がかかりません。

下ごしらえ方法
使いたい大きさにカットして、ゆでてから水分をよくきり保存袋に入れて冷凍庫へ。1ヶ月ぐらい保存可能です。


Q.01人参の根元のほう(太いほう)の色が他の部分と違い、赤紫っぽい。

A.01
土の中から顔を出した部分が霜や寒さに当たって色が濃くなったためです。
色が変わっていてもお召し上がりいただけます。

Q.02人参がビタミンCを破壊するって聞いたけど。

A.02
加熱したり酢を加えたりすれば大丈夫です。
人参、かぼちゃ、きゅうりなどは、生のまま切ったりおろしたりした後に時間をおくと、
酵素の働きで野菜自体のビタミンCを破壊してしまいます。
しかし、加熱したり酢を加えたりすることによって防げます。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ