なす
なす
なす

分類 果菜

特徴
青紫色の“ナス紺”と言われる、日本独特の呼び名も生まれました。
品種の多さと地方色豊かなことも特長のひとつです。一般的なものは中長ナスで、全国で栽培されています。

保存方法
寒さに弱いためできれば常温保存が理想ですが、すぐに使わない場合は、
ラップに包んでから新聞紙などで包んで冷蔵庫へ。保存期間が長いと種が茶色くなってしまいます。

Q.01なすの表面がキズついている。茶色いかさぶたのようなものがある。

A.01
なすは、生育中に枝や葉、実とすれて傷ついたり、小さなうちにすれた傷が、生育とともに大きくなってしまうことがあります。どちらも中の実には影響がありません。
傷の部分が硬くなってしまっている場合は、傷の部分の皮をむいてお召し上がりください。


野菜・果物いろいろ大図鑑トップへ