POCプログラム

PRE ORGANIC COTTON PROGRAM すこやかなコットン畑のために、今、私たちができること。

 
サブカテゴリメニュー
 

インド訪問レポート

らでぃっしゅぼーやでは、製品の開発・販売だけでなく、直接スタッフが現地に行き、生産者の生の声を聞いてプログラムの実施状況も確認しています。
プレオーガニックコットン・プログラムに参加して良かったことや経済状況の変化などを、じかに生産者から聴くことで、プログラムの大きな意義を再認識することとなりました。 

 
バックナンバー
 
  1. --- 選択してください ---
  2. 2009
  3. 2011
 
 

2009年 訪問レポート

Report 1

13人家族で14エーカーをPOCに移行したSHIVRAM PATEL(右)さんと12人家族で8エーカーをPOCに移行したKAVRAM PATEL(左)さんの話を聞いた。(POC2)
オーガニック農法に移行しようと決心したのは、化学肥料と農薬が土を壊し、化学メーカーにお金が流れるだけということがわかったから。
健康問題に関しては、直接的な農薬被害もあるが、農薬が土にしみ込み井戸水(飲料水)に影響が出ている。また、牛などの動物が農薬まみれの植物を食べることで、ミルクが汚染されていることが判った。
2年前に手取りの収入が増えるこを期待して移行したが、結果的に支出が減少し、非常に感謝している。

<コスト削減額>
SHIVRAM : RS100,000/年→RS50,000/年(約6ヵ月の生活費)
KAVRAM : RS36,000/年→RS18,000/年(1ヶ月強の生活費)
(KAVRAMさんは6人子供が学校に通っている為生活費が高い)

2年前現在 
水の質がよくなったと感じ、SHIVRAMさんは土が生き返ったことにより、収穫量が農薬を使っていたときより、多くなったとのこと。非常に嬉しいとのことだった。彼らは比較的大規模農場主でトラクターなども所有しているが、コスト削減だけでなく、土が生返るなど環境改善の影響は大きいと言っていた。

Report 2

家族人数 10人(POC1)
POC面積 5エーカー
今年の収穫高 3.0トン(SEED)
昨年の収穫高 3.5トン(SEED)
コスト削減額 約RS30,000(約半年の生活費相当)
推定収入減少額 約RS15,000-(約3ヵ月の生活費相当)
健康の変化 皮膚病が軽くなった。
Mr.Dudla Narsingh(POC1) 
オーガニック農法移行による変化
ローン(カルチョ)の大きな金利を払う必要が移行による変化なくなったことが嬉しい。取立てが厳しかった。

Report 3

家族人数 12人(POC1)
POC面積 5エーカー
今年の収穫高 1.0トン(SEED)<1STピックのみ。予想>
昨年の収穫高 2.0トン(SEED)
コスト削減額 約RS7,500-(約3ヵ月の生活費相当)
推定収入減少額 約RS28,000-(約11ヵ月の生活費相当)
健康の変化 原因不明のコブができていたが症状が軽くなった。
Mr.Gopal Shivsingh(POC1) 
オーガニック農法移行による変化
ローンが減った。RS35,000→RS20,000-移行による変化(金利はRS7,500削減)。有機肥料を買っている。効率的に有機肥料が作ることができれば、借金は無くなると思う。12から15%のプレミアムの買取を希望する。推定収入減少額からすると、POC移行で生活が厳しくなると予想されるが、POC移行で借金が減り、健康も改善し、HAPPYとのことだった。収支もPOC生産の計算以外のプラスがあるのかもしれない。

Report 4

家族人数 8人
POC面積 4エーカー
今年の収穫高 1.6トン(SEED)
農薬等支出額 RS24,000(約16ヶ月分の生活費相当)
通常綿花収入予想額 RS49,600-
生活費 RS1,500-/月
健康の状況 8-9年農薬を使い続けて、皮膚に痒みあり。
借金状況 RS20,000-借りていて、RS30,000-を返済しなければならない。POCのいざないを期待している。
収入-(支出+生活費+金利)=-RS2,400となる。緊急に必要なお金(病院や冠婚葬祭など)は金貸しから更に借りることになる。
Mr.Roonsingh Sukhlal(POC0) 
POCに加わりたい理由
3ヶ月前に、RAJ ECOFARMからPOCのことを聞いた。隣人の農民からもこの支援とその結果を聞きPOC移行で、生活を改善できると思ったから。
サブカテゴリメニュー