野菜や果物のこだわり

 

いのちのつながりを大切にする有機農業で、生産者も栽培方法も分かる安心できる農産物をお届け。

日本の気候や栽培環境の中で、より環境負荷が少なく、安心して食べられる農作物を継続的に生産~お届けすることを目指して、独自基準を定め、環境保全型農業を推進しています。
らでぃっしゅぼーやのお届けする農産物は、全てこの基準に基づいて生産・お届けしています。

検査結果
放射能検査体制
 
おいしさと安心を追求した約束です

1.「反農薬」が基本です

らでぃっしゅぼーやは、これから有機農業に取り組もうとする生産者にも間口を広げ、有機農業へ導く道筋をつくることがまずは重要と考え、以下のとおり「反農薬」という理念を掲げています。

<反農薬という考え方とは>
・農薬は人が病気のときに飲む薬のように「仕方なく」使う。
・生産者はより農薬を減らす努力をする。
・使う場合は報告し、情報は公開する。
・環境や人体への影響が大きい農薬は「基準外農薬リスト」に定める。

2.土壌消毒は行いません

有機農業の基本は、豊富な微生物や虫たちが有機物を分解し、それが作物にとっての養分となり健康に生育できる「良い土」をつくることです。そのため有機農業の大きな理念の一つ、「生物多様性の維持」に逆行する土壌消毒は「禁止」しています。

3.除草剤は使いません

除草剤は、草を枯らす農薬です。除草剤の使用は労力、コストを省くことができる半面、土中の生物にも大きな影響を与えます。これは土壌消毒と同様、有機農業の基本に逆行することであるため「禁止」しています。
(水田稲作、雑穀、国産パイナップル、急傾斜地等の柑橘は除草剤一回のみ許容)

 

4.有機堆肥を使います

有機肥料や有機堆肥の使用は、有機物に含まれるアミノ酸などの養分が作物に直接吸収されて「うまみ」のもとになることが報告されているほか、畜産廃棄物や食品廃棄物の有効利用によって、理想的な資源のリサイクルを可能にします。

5.自家食用と同じものを出荷します

事業を開始した1988年当時、一部の生産者は農薬を多用した作物を出荷し、自分の家で食べるものは農薬を減らして栽培していると伝えられています。らでぃっしゅぼーやの生産者は、「家族に食べさせたい」と思える農作物を出荷しています。

らでぃっしゅぼーや農産物の位置づけ

お届けする野菜やくだものは、市場での買い付けではなく、全て契約生産者から直接買い付け。
生産者にはらでぃっしゅぼーやの理念を共有していただき、全国各地で環境保全型農業に取り組んでいます。

海外産農産物のこだわりはこちら (外国産品のこだわり)

 
らでぃっしゅぼーや農産物の位置づけ
らでいっゅぼーやスタッフが産地に行って、田畑の状態や栽培管理について、確認しています。

 

農産品の栽培原則

農産品の栽培原則

  • 「反農薬」が基本です
  • 土壌消毒は行いません
  • 除草剤は使いません
  • 有機堆肥を使います
  • 自家食用と同じものを出荷します
らでぃっしゅぼーやは、「有機JAS」の野菜をどう考えているの?

「有機JAS」を取得している生産者を評価していますが、それを取得するかどうかは生産者の判断に任せています。なぜなら、「RADIX」基準を守るだけでも病虫害を受けるリスクが高く、様々な書類を整備、提出する必要があるのに、その上さらに「有機JAS」の為の検査を受け、書類を整備、提出するなどの負担がかかることになるからです。

また、「有機JAS」にこだわりすぎるために、大きい病害虫の被害を受けそうでも無農薬にこだわったり、また、「有機JAS」で使える肥料だけを使うために味を犠牲にしたり、などという事は、けっして良いことだとは考えていません。

らでぃっしゅぼーやは、農産担当スタッフが直接、産地、生産者、栽培方法などを確認する事を重視し、それが信頼されることで成り立ってきた実績があります。そのため現在のところ、「有機JAS」などのように第三者から認められたマークでさらなる信頼性を求める必要までは無いと考えます。

厳しい独自の商品取扱基準RADIXの確認

無農薬と書いていないけど、無農薬野菜は扱っていないの?

栽培した農産物に直接農薬を使用していなくても、付近で散布した農薬の飛散の可能性などが考えられるため、農薬を使用していないというだけでは農薬が残留していないことの裏づけとはなりえないため、らでぃっしゅぼーやでは「無農薬」の表記を見直すこととしました。

商品カタログや「ぱれっと」に同封している本日のメニューでは、RADIX基準に則って栽培された農産物(栽培期間中農薬使用なし[種子除く])を【無】(農薬使用なし)としてご案内しています。
※らでぃっしゅぼーやでは、残留農薬については随時抜き取り検査を行っております。

スタッフも「おいしい、食べたい」と思うものをお届けしたい

スタッフも「おいしい、食べたい」と思うものをお届けしたい

らでぃっしゅぼーやのスタッフで、各産地の野菜を食味試験で評価し、産地にフィードバックしています。さらに、同じものを各産地にも送り、産地でも食味試験をしています。他の産地の野菜を食べる機会があまりないので、生産者の大きなモチベーション向上につながっています。

もっとおいしくしたい、だから生産者も勉強しています

もっとおいしくしたい、だから生産者も勉強しています

らでぃっしゅぼーやでは生産技術を高めるために、環境保全型生産者・メーカー団体のネットワーク「Radixの会」とともに、生産技術を高める活動を積極的に行っています。産地での勉強会や、有機肥料の専門家・小祝政明さんによる勉強会などでおいしさを追求しています。

Radixの会

独自基準RADIXが必要な理由~農産品~
92年、農水省は「有機農産物及び特別栽培農産物に係わる表示ガイドライン」を制定しました。
らでぃっしゅぼーやは、これが有機農業を育てる目的ではなく、表示し区別するための法律であること、欧米でつくられた基準のため、高温多湿で耕作面積の狭い日本には合わない部分が多いことなどから疑問を持ちました。
ならば自分たちでつくろうと考え、日本の気候や栽培環境の中で最大限、安心・安全な農作物を生産し、さらにそれが持続できる、現実的な独自の基準をつくっていったのです。それがRADIXです
有機農産物の認定を取得できる生産者は確かに優れていますが、いまだに日本ではごくわずかです。
大切なのは厳しい基準で区別していくことではなく、いかに多くの生産者が農薬や化学肥料を減らしていき、それを持続できるか。そこに本質があるのだと思います。

 

次へ 加工品がおいしくて安全な理由