水産品のこだわり

健康的に育てた水産物の安定供給に取り組んでいます

水揚げから製造まですべての工程を確認できる安全なものをお届けしたいという観点から、トレースしやすく、鮮度保持材等の薬剤も不使用の「日本船籍漁船(※1)が国内で水揚げしたもの」を取り扱っています(原則 ※2)。
また、限りある水産資源を守るためには海そのものが豊かであることが重要を考え、環境への取り組みも行っています。

※1 エコシュリンプなどフェアトレードによる輸入品や、国内での調達が困難な一部の魚類についてのみ、輸入を認めています。

※2 ただし、一般的に需要が多く、日本近海で漁獲できないものについては魚種を限定し、流通ルートの確かなものに限り輸入を認めています。

外国産品のこだわり

 
水産品の3つの約束

1.「天然もの」は原則として日本船籍の漁船が水揚げしたものを取り扱います

らでぃっしゅぼーやでは、水揚げから製造まですべての工程を確認できる安全なものをお届けしたいという観点から、トレースしやすく、鮮度保持剤等の薬剤も不使用の「日本船籍漁船(※1)が国内で水揚げしたもの」を取り扱うことを原則(※2)としています。

※1 第一次産業として重要な水産業を守り育てる意味からも「日本船籍の漁船」を重視。
また、持続的な水産物の提供のため、乱獲を行わず資源管理を大切に考える水産業者との関係を重視しています。
※2 ただし、一般的に需要が多く、それに反して日本近海河川で漁獲できなくなった水産物に関しては、魚種を限定し、流通ルートの確かなものに限り輸入を認め、「輸入水産品取扱商品一覧」で管理しています。

また、地球温暖化などの影響による漁場の変化で、日本近海での漁獲量が減少している水産品については、トレースできることを条件に、お客様のニーズに基づき新たな輸入魚種として取り扱うことも検討していきます。

2.健康的に育てるため過密な養殖を禁止します

経済効率を重視した水産養殖では、過密養殖と抗生物質などの投薬の併用が一般的な方法です。らでぃっしゅぼーやでは、安心・安全な魚をお届けするためには健康的に育てることが最も根源的で大切という観点から、過密な養殖を禁止しています。
資源管理および流通の安定化の観点から必要と判断される養殖水産物に関しては、密飼いせず薬剤に頼らない養殖方法であることを確認のうえ取り扱います。

3.抗生物質などの投薬は原則として禁止します

「健康的に育てた魚には必要以上の投薬は不要」という観点から、薬剤に頼らず(※)育てた水産物をお届けしています。

※生産効率を上げるため、予防目的で飼料に抗生物質を混ぜて投与する方法が一般的ですが、抗生物質の投与を稚魚期以外は原則禁止とし、生育方法まで詳細な確認を行っています。
地球環境や地域固有の食文化にも配慮し、ゼロリスクを追及するのではなく常にリスクの最小化を考慮した基準で「安全」を担保し、つくり手の顔が見える「安心」でおいしい加工食品をお届けしています。

水産品のこだわり

日本船籍漁船による
水揚げ

日本の船で水揚げされた水産物を基本とします。国内調達が困難な魚種のみ、特別に外国産を認めます。
資源管理の意識
限りある水産資源に対し、世界的に水産品の需要が増えています。これからもおいしい魚が提供できるよう、資源管理を大切に考えるメーカーとのお付き合いを中心にしています。
豊富な魚種
日本全国で水揚げされた、その土地ならではの水産物を味わっていただきたい。らでぃっしゅぼーやはできる限り多様な魚種を取り扱います。
 

らでぃっしゅぼーやは海と漁師さん、そしてお魚のことを大切にする各地の水産メーカー約80社とのきめ細かなお付き合いなかで、四季折々、年間約100種類ものお魚をお届けしています。
1993年にはシンポジウム「森と海と大地はひとつ・・・第一次産業を考えよう」(岩手県)を開催。ここでの討論をきっかけとして全国調査も実施しました。
その成果から1995年に、現在のらでぃっしゅぼーや商品取扱基準「RADIX」水産編の元になる「らでぃっしゅぼーや環境保型生産基準要項 漁業編」をつくり、水産品の取り扱いを始めました。

 

研修と交流の場 お魚会議

研修と交流の場 お魚会議

2009年7月のお魚会議は千葉県。
交流会では、会員さん と一緒に簀立て漁を体験!

らでぃっしゅぼーやの生産者メーカーの会・Radixの会が開催する「お魚会議」は、水産加工メーカーさん同士が各地を訪ね、市場や工場の視察、その土地の食文化を知る研修と交流の場です。
お魚会議の歴史は2001年に始まります。海流、海域、季節によってさまざまな魚を食すことができる私たち。会議を積み重ねてわかってきたことは、「これまで獲れていた魚が獲れなくなってきた」「ウチの海に揚がらなかったような魚が揚がり、加工方法が分からず困った」など、畑と同様、海にも変化は押し寄せているという現実です。また、水産の技術や情報を交換しあう中から「鰹の一本釣りをしてくれる船がなくなりそう」「漁師の高齢化で船が出ない」といった厳しい現実もひしひしと伝わってきます。
もっとおいしい、もっと食べやすいお魚メニューを提案して、どんどんお魚を食べていただこう。そして漁業を、海を支え続けていこう! そんな考えから現在も開催し続けています。